Loading…

スポンサーサイト

Posted by アオ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフターサービスの棚板が来た

Posted by アオ on 18.2012 住まい(入居後)   6 comments   0 trackback
今月の初めに、3か月目アフターサービスの水道メンテナンスがあったとき、「そういえば棚板来ました?」と訊かれ、「ぜんぜん音沙汰なし」と答えたら、担当者に「それは遅い」とびっくりされました。
そして先週半ば、職場に電話がありました。どうやら注文を受けた男性がきれいさっぱり忘れていたようす(あるいは、放置して転勤になったとか辞職したとか)。営業の内勤の方かなあという雰囲気の女性が、至急手配しましたので、と言ってから、「――で、お支払いの件ですが、……お見積もり、届いてますでしょうか?」と、いやーな予感を滲ませつつ、おそるおそる訊いてきました。
もちろん、届いておりません。つまり、了承得ずにあわてて発注しちゃったわけですね。
棚板自体の値段は、およそ推測できていたので、六千なにがしと聞いてもOKでした。問題は送料。三千円超? 品の半額以上? いやびっくりです。
思わず文句を言ってしまいましたが、背に腹は代えられず、了承しました……。

0618shelf.jpg

そして昨日板が到着。

棚板はごく普通の、ビスを挿して載せるだけ。

0618shelf2.jpg

左の写真が変更前。思い切り高さが無駄でしたので、上の板を穴ふたつほど上へずらし、板一枚追加したのが右の写真です。
本、きちんと分類したいな、著者を五十音順にしようかジャンル別にしようか、などと考えながらとりあえず文庫を放り込みました。そのあたりは夏休みの課題になりそうです。
ただ、わたしは本は装丁まで含めて本のうちと思っているので、ブックカバーはほとんどかけないから、どう分類してもあまりきちんとは見えそうにないのが、ちょっぴり残念です。

↓ いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ



スポンサーサイト

水道のパッキンに続き、棚板でもちょっと面倒なことになってたんですね。
お疲れさまでした。

インテリアの雑誌で、本は装丁の色ごとに分けると見た目はスッキリすると書いてありました。実際写真でもbefore⇒after見ましたけど、本の大きさがバラバラでも、色ごとにまとまっていると確かにスッキリしてました。
でも著者ごとでもカテゴリ別でもタイトル50音別でもないので、探すときは大変そう(笑)

わが家は本棚を作ることをあきらめたので、本棚憧れます~
2012.06.19 20:17 | URL | 毬栗73 #- [edit]
本棚の整理、私も今、悩んでるところです。
日本の本は表紙がカラフルすぎて、なかなかきれいに見えませんよね。

ところで、アオさんの本棚、我が家にもある本がちらほら。
そういえば、ブラッドベリも「きのう何食べた?」もうちにあるし(^^)

読書傾向似てるかも☆
2012.06.19 21:05 | URL | tearose #- [edit]
本の整理はみんな大変なのか、雑誌でおしゃれなインテリアが載っていると、たいてい本棚がない……というのがずっと悩みでした。
たしかに、色で揃えればきっときれいですよね。ネットのまとめサイトでも、びっくりするくらいカラフルかつきれいな、色分け本棚の写真を見たことがあります。そうやっちゃうと、実用性皆無なんですけどね。

本棚なしということは、本が少ないですか? あれは散らかる原因No.1だと思います(汗)。

2012.06.19 22:21 | URL | アオ #0wbvkzco [edit]
そうなんですよね。一冊一冊はきれいでも、ひとまとめにするとカラフルすぎる。日本の町並みが視覚的に統一とれていないのと似ているかもしれません。
フランスあたりは、もともと買った人が好きに装丁すること前提だったせいか、シンプルでいいですね。

……えっ、この状態で何の本かおわかりになりますか!? 『Papa told me』と水色の背文字のマンガはわかるかもしれませんが(その隣の赤も?)、どれをお持ちなのか、興味津々です!
ちなみに、この廊下の本棚でなく書庫のスライド本棚は、けっこう水色だったりします。早川書房のせいで。
2012.06.19 22:26 | URL | アオ #0wbvkzco [edit]
そうなんですよ。
「papa told me」全巻揃ってますし、萩尾望都さんの全集?「ウは宇宙船のウ」そういえば、ブラッドベリこの人が書いてましたね。「スター・レッド」が好きです。 早川書房の水色シリーズは結構揃ってますよ、うっふっふ。比較的現代でマキャフリィ、古典SF(ファンタジイに近いものも)は一式ありますね。創元のファンタジイ系は、マキリップが好きです。創元もミステリ中心に結構揃ってますよ(笑)レアものばっかり捨てられずにいます。
2012.06.20 01:27 | URL | tearose #- [edit]
うわー、確かにかぶってます(汗)。初・萩尾望都は『スター・レッド』でしたよ。
ハヤカワ青背は、わたしが高校生のころは家族誰かが買って新刊コンプリートしていました。子どものころはハード系が好きで、大人になってからだと、日本の作家ですが草上仁に凝っていました。フレドリック・ブラウンのノリで。
マキャフリィは、竜騎士シリーズの最初の2冊読んだと思います。あれが出てから、もうけっこう経ちますね。
2012.06.20 22:55 | URL | アオ #0wbvkzco [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://my15yearproject.blog.fc2.com/tb.php/211-edc0d90c

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アオ

Author:アオ
2012年2月、新築マンションに入居。尊敬する某ブログをもじって「シンプル・レトロ・インテリア」を目指していますが、レトロとシンプルを両立させるのが意外と難しいような気もする今日このごろ。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。