Loading…

スポンサーサイト

Posted by アオ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりはダイニング・チェア

Posted by アオ on 24.2012 未分類   2 comments   0 trackback
いまでこそ、それなりにインテリアの好みというものが出来つつありますが、ひとり暮らしを始めた1K住まいのころは生活でいっぱいいっぱいだったし、子ども時代は母親が食器はともかくインテリアの好みを強く押し出していなかったので、家具だのコーディネートだのにはまるで思いが至らず、とりあえず青くて実用的ならいいやと思っていました。インテリア雑誌なるものがこの世に存在していることも知りませんでした。いや、『エル・デコ』は知っていたはずですが、別世界だし。
それが、年月が経って金銭的にいくらか余裕が出てきて、引っ越しを考え始めたころに、ようやっと、家具は存在して使えればいいわけではないことにうすうす気がついたのでした。たぶん、きっかけは立ち読みした女性誌だったと思います。

雑誌のインテリアページや特集を読み、だんだんにイメージがかたまってきて、こつこつお小遣いもためて、最初に買ったのがこの椅子でした。現在のインテリアの好みにつながるけれど、デザインとしては多少ラインが違います。

chair1.jpg

いまだったら彫りはなしでシルエットだけで見せるデザインにするかな? でも、思い出深い一脚です。これを買った店、いまはもうないらしいのが寂しい。お店でわくわくしながら座面の布を選んだのを思い出します。

chair1_2.jpg

1930年代のイギリス製、マホガニー。背もたれに植物の柄が彫られています。30年代のイギリスというと、映画『英国王のスピーチ』のころですか。

↓ いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ



スポンサーサイト

1930年代の椅子なんですか!

結構繊細な彫りで細めの背もたれなのに、マホガニーが重厚感を出しているんでしょうか。すごく存在感がありますね。

この座面はアオさんが購入した時のままなんですか?
なんだか今買ったみたいに綺麗ですね!
きっと大事に使われてきたんでしょうね。

この前載せられてた照明と合いますね!
2012.03.25 17:37 | URL | 毬栗73 #- [edit]
お褒めのお言葉、ありがとうございます。リビングの家具選びに関しては、「広く、明るく、軽やかに見せる」というセオリーを完全に無視して趣味に突っ走りました。

この椅子は購入してから十年くらいでしょうか、そのままです。とはいえ、撮影が至近距離でないのと、光の加減できれいにみえるのもあると思います(汗)。こういう柄って、どどーんと汚れないかぎり、わりと目立たないんですよ。

2012.03.25 22:14 | URL | アオ #LFtZBq7g [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://my15yearproject.blog.fc2.com/tb.php/131-12376c99

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アオ

Author:アオ
2012年2月、新築マンションに入居。尊敬する某ブログをもじって「シンプル・レトロ・インテリア」を目指していますが、レトロとシンプルを両立させるのが意外と難しいような気もする今日このごろ。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。