Loading…

スポンサーサイト

Posted by アオ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ・ラテにあの日を思う

Posted by アオ on 11.2012 日常のあれこれ   0 comments   0 trackback
1年経っても復興はまだ端緒。
自分が被災した立場ならどうしてほしいか、折々に考えていきたいと思います。
日本は地震国。本当に、明日は自分かもしれないのだから。他人事ではないのだから。

1年前のあの時間、皆様はどこにいらしたでしょうか。
わたしは出張先で打ち合わせ中でした。相手の方は個室持ちで、テレビなどつけていなかったし、たまたまその棟は人少なな時間帯でした。話が盛り上がり、帰りの新幹線に間に合わなくなりそうだったので、新幹線の駅までタクシーに乗りましたが、これまた珍しく、ラジオをつけない運転手さんだったもので、ずっと世間話をしていたのです。
駅に着いたら大騒ぎになっていて、改札口では駅員が「地震と津波で東北から関東まで、めちゃめちゃになっています!」「復旧の見込みはたっていません!」と、押し寄せた乗客に叫んでいました。ついに東京に大震災がきてしまったのかと、その瞬間は覚悟を決めました。わたしは話の途中から聞いたので、正確には「交通網が」だったのですが。このとき、4時すぎ。
すぐに駅前の心当たりの宿に駆け込み、一部屋確保しました。すでに2時間ほど経っていたので、同じような客が殺到していて、たいへん高い部屋しか残っていませんでしたが、背に腹は代えられません。しかるのち1日分の食糧を確保し、新幹線の切符を払い戻して現金も確保してから、部屋に入ってテレビをつけました。NHKは当然ながら、その地方への津波の影響ばかりを放送していたので、あきらめてCNNに回したところ、いきなり海岸線へ押し寄せる津波をヘリから見た映像が飛び込んできました。
豪華な部屋でソファに固まってひとりっきり、延々と津波の映像と恐ろしい数字を見ていた数時間。でも、被災者の方々はもちろん、都心から歩いて帰宅した同僚よりも、楽といえば最高に楽な立場だったんですね。怖いだけだったので。
部屋の固定電話とケータイとメールを打ちまくって、最初に連絡がついたのは同じく出張中の同僚で、社員全員の無事が確認できたとのメール。家族と連絡がついたのは夜9時過ぎで、わたしが歩いて帰宅中だと思っていたらしい母は、居場所を言ったら気の抜けたような叫びを上げていました。

sakura_late.jpg

先日、休日出勤のときにドトールでサクラ・ラテを買ってきて席で飲んだら、あの日の朝、ホテルを早くチェックアウトしすぎて、スタバでサクラ・ラテを飲んで時間つぶしをしたことを思い出しました。その数時間後に何があるかなんて、もちろん夢にも思わずに。
日本人が、ぱっと散る桜の下でどんちゃん騒ぎをするのも、祇園精舎の鐘に諸行無常の響きを聞いてしまうのも、本当は地震という、明日起こるかもしれない大災害と隣り合わせの国に古来より暮らしてきたからではないのかと、ふと思ってしまいます。

帰宅して即、非常用持ち出し袋を拡充し、枕元にスニーカーも用意しました。

↓ いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://my15yearproject.blog.fc2.com/tb.php/118-be45a0cf

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アオ

Author:アオ
2012年2月、新築マンションに入居。尊敬する某ブログをもじって「シンプル・レトロ・インテリア」を目指していますが、レトロとシンプルを両立させるのが意外と難しいような気もする今日このごろ。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。